2013年12月11日水曜日

FSS Phantom 3D 髪 -3

FSS Phantom Hair -20131212

髪完成~

これで全てLOW-POLY全部終わったぞ

次の作業はUVとHIGH-POLYだ

2013年12月9日月曜日

FSS Phantom 3D 髪 -2

FSS Phantom Hair -20131209

面倒くさい作業だ@@!

2013年12月5日木曜日

FSS Phantom 3D 髪 -1

FSS Phantom Hair -131205

メーカー物に髪をつけるなんて、まさに神だ~

2013年11月11日月曜日

FSS Phantom 3D 腕部 - 2

FSS Phantom Hand-20131112
お掌だ、また細かく分割して、関節部を完成させないとね~

2013年11月10日日曜日

FSS Phantom 3D 腕部 - 1

FSS Pantom Hand -20131110

あらあら、最近また新しいゲームにハマってしまったから、進捗が遅くなってる(反省)

2013年10月28日月曜日

2013年10月24日木曜日

2013年10月18日金曜日

FSS Phantom 3D 肩部 - 1

FSS Phantom Hand -20131019
肩部の関節作業

僕の作業方法は大体平面から始まる

要はPLANEを一つずつ輪郭を構築してから、厚みを与える

その後繋ぎ合わせる手順で行う

そうすれば、複雑な立体物をより簡単に作れると思います

2013年10月17日木曜日

FSS Phantom 3D 頭部 - 4

FSS Phantom Head -20131017

パイプ類の仕上げ

側面から見ると、やはり凶悪の顔付きですね~~

2013年10月16日水曜日

FSS Phantom Scarlet - Volks Version

FSS Phantom Scarlet

FACTORYS2007に掲載されている写真
メーカ:Volks
マイスター:平井興治

カレージキットもう打ち切れた物ですが、ファントムはIMS版になって欲しい
Volksさんきっとこの機体をIMS化にするのを考えているはずです
これ程にインパクトある機体はないと思うし、ファンにも人気そこそこあると思う

今までVOLKSやWAVEが作られた物のボース設定は原画の設定版や本編版などに限りられている。それを破って、様々なボースや動作を再現させるのを3D化にする元々な理由です

永野さんのデザイン20年、50年、100年超えにも人を魅了させられると信じる。

2013年10月15日火曜日

FSS Phantom 3D 頭部 - 3

FSS Phantom Head -20131016

ファントムの特々な顔付き

骸骨です。

女性騎としては相応しいだろうね~永野先生~~(笑い)

2013年10月12日土曜日

2013年9月29日日曜日

2013年9月28日土曜日

FSS Phantom 3D 頸部 -1

Fss Phantom Neck - 20130928
どんどん進んでいる

今年中に絶対完成して欲しい

モデリング後またやることいっばいあるけど、頑張ります。

2013年9月26日木曜日

FSS Phantom 3D ボディー-6

FSS Phantom Body -20130926

一日一枚

最近仕事が忙しくなってから、逆にやる気が出てくる

なんでだろうね!?

2013年9月25日水曜日

2013年9月24日火曜日

FSS Phantom 3D ボディー-4

FSS Phantom Body-20130924
 
9月の4回目アップです

少ないなぁ~

もうちょっと頑張らないと

2013年9月20日金曜日

FSS Phantom 3D ボディー-3

FSS Phantom Body-20130920

蛇腹部と腰回りの結合

比例の調整だけで難しい

改めて見すると、元々の設定は蛇腹部が異常的に小さいです

全体のバランスを見て、少し調整した

2013年9月17日火曜日

2013年9月13日金曜日

FSS Phantom 3D ボディー-1

FSS Phantom Body-20130913

いよいよ蛇腹部に突入

これも永野先生デザインの真髄だと思う

まるで大蛇のように自由に動ける生々しいメカニズム

本当に綺麗なデザインです

2013年8月21日水曜日

FSS Phantom 3D 股関節-1

 
 
FSS Phantom mada-kansetsu-20130821
 

7月ただ一回しか投稿してなかった(笑)
今は別に仕事忙しい時期でもないのに倦怠期が長引いている
画面録画できたから、試しにアップロードした



2013年7月29日月曜日

FSS Phantom 3D 脚部修正 -1

FSS Phantom foot - 20130729


曲面上に溝を入れる造形にまじて困った~

基本的に多数の線配置をしなければならない

ただよくあることは線を増えていくに連れて、面がしわ出できたり、面がねじれてしまったりするから、ここは結構困る処

元々はZBで処理するつもりだけど、無駄に面数を増えて行かないと、まず綺麗な溝を作れない

今回はCrease Toolを使って、エージ部をシャップにしてみた

まぁまぁイマイチの効果だか、どりあえずこれで行こうと思う

停滞期がどんどん長くなっているなぁ~やばい~~

2013年6月27日木曜日

FSS Phantom 3D 脚部UV -9

FSS Phantom foot -20130627

進捗が遅いけど

確実にやり続けている

足部アッパーのバーツUV整理ができた

これでテクスチャーを作れるぞ~~

2013年6月24日月曜日

FSS Phantom 3D 脚部UV -8

FSS Phontom foot - 20130625

もう訳分からん~~

UV作業は本当にうっとうしい

どうしょうかなぁ~~

でも24インチのスクリーンは画面大きくて、使い易くなった~

2013年6月17日月曜日

FSS Phantom 3D 脚部-細部処理

FSS Phantom foot-20130617

<足部アーマの溝部>

元々はZBRUSHで処理するつもりだが、そんなに難しい模様てもないから、

MAYAでなんとかした。少ないPOLYGONでできるけど、

ラインの配置ちょっと難しい、下手すると面がねじれてしまう可能性もあるので、

丁寧に処理しなければならない。

2013年6月12日水曜日

FSS Phantom 3D 脚部UV -7

FSS Phantom foot-20130612

UV作業終わってから気づいたこと

本当に全てのパーツはUV LAYOUTするかぁ?

理由は後でTEXTUREを作る時にどうするれば良いのか?まさか一つずつやるの?

そんな訳ないだろう~

訳わからなくなちゃう

UV作業めんどくさいなぁ

しばらく試行錯誤でやるしかない

2013年6月8日土曜日

新しいパソコン登場

New Desktop DIY

ASUS Display PA246-1900x1200

15inch NBで作業は本当に疲れたから
前々考えていた新しいテスクトップを自分で組み立てた
やっばり3Dは金掛かるモノだ(泣)

こちらAutodesk Maya System requirements
Mayaを始めようとする初心者は自分のバソコンのSPECが満たすかとか参考できる

http://usa.autodesk.com/adsk/servlet/ps/dl/item?siteID=123112&id=15458252&linkID=9242258


下は僕今回の組み立てたパソコンのスペックリスト

Cooler Master 690II Plus USB3.0 黑色電腦機殼
Cooler Master Silent Pro Gold 450W 電源供應器
Cooler Master Hyper T4 CPU 散熱器
Kingston HyperX 16GB(8Gx2) DDR3 1600桌上型記憶體
Cpu intel xeon e3-1230v2
Asus p8h77-v
NVIDIA Quadro 600 工作站顯示卡
LITEON 24X DVD燒錄器(IHAS324)
DT01ACA100(TOSHIBA 1TB/7200轉/32M/3.5吋/SATAIII)
ASUS PA246Q

まぁ、性能に掛かる重要なのはCPUとDDRとグラフィックカードです
自作の良さは後々アップデートも楽々です
ソフトはどんどん進歩していくから、ハートフェアも拡張性が高いやつを使わなければならない

FSS Phantom 3D 脚部UV -6

FSS-Phantom foot-20130609
足部のUVと細分化作業です。もう飽き飽きだけどー

あらら~結構長い間サボっていました

またまた仕事と生活の些細なことで格闘していて、やる気が失われた

正直もし牢獄に入れたら、紛らわしいこと一掃して、毎日作業に専念できる

そういう生活なら、飛躍的なスビートで完成できるだろう

現実は難しいなぁ~

2013年5月14日火曜日

FSS Phantom 3D 脚部UV -5

FSS Phantom foot-20130514
4月ただ4回のアップデート

悲慘の状況ですね~~

仕事で海外出張していたから、なかなかやる気が出てこない

まぁ、完成させたい気持ちは変わらないけど、根気と気合が必要だ

UV作業続いているけど、地味な作業はちょっとつまらない

あと2~3回で終わるでしょうね

2013年4月19日金曜日

FSS Phantom 3D 脚部UV -4

FSS Phontom Foot-20130420

UV作業のために一回low ployの状態でoutputしなければならないORZ

休日使って、一気に完成させる

2013年4月10日水曜日

FSS Phantom 3D 脚部UV -3

FSS Phantom foot-130410
ひたすらUV作業だ

unfold3Dというソフトは使えると、本当に便利なツール

歪んだところはオレンジ色で表示してくれて、そこでチェッカーが捻れるところ

要する後でテクスチャー付けてると、そこは歪んでしまうから、UVの修正が必要だ

2013年4月5日金曜日

FSS Phantom 3D 脚部UV -2

FSS Phontom-foot-130405

前はあまりUVやってなかったから、今はUnfold3Dが使えるけど

やっばり稜線入れたモデルはUV分割作業にあまり向いてないなぁ

要するに線が選びにくい、間違えしやすい問題が出てくる

だから稜線入れるのはUV作業が終わってからやるのが良い

やっぱりモデリングはただの氷山の一角だ

2013年3月26日火曜日

FSS Phantom 3D 脚部UV -1

FSS Phantom foot-20130327

初めて使用するソフト Unfold 3D

テクスチャのためにUV作業は欠かせない

このソフトはMayaよりUVが速くできるというから、試してみたけど

簡単だけど、操作方法またMAYAと違って、いまいち慣れないなぁ~~

でもUVもっと直感的に操作できるのはやっばり良い

2013年3月25日月曜日

FSS Phantom 3D 脚部合わせ -5

FSS Phontom foot-20130325
これで足部のLow Ploy作業完了致します

これからZbrushに移してもっとティテルを仕上げる

The BANGと比べて、Phantomのアーマーの表面はずっと簡単

ZB作業はそんなに時間かからないと思う

だけど、ZBの操作また忘れかけてる

困ったもんね~~

2013年3月23日土曜日

FSS Phantom 3D 脚部合わせ -4

FFS Phantom foot-20130324
5パーツ修正済

元々歪んだ面が滑らかになった

メーカパーツの基本の1つは面と曲線出来る限り滑らかに繋ぐこと

人間や怪獣じゃないから、あまりめちゃのことできないからだ

2013年3月22日金曜日

FSS Phantom 3D 脚部合わせ -3

FSS Phantom Foot-130322
またやり直しだ~~

一つパーツを5つに分割した、5つカラーを付けたらなんか可愛い

何故そうするのか?やっばりリアリティーをもっと高めたかったら、模型のままじゃ無理

以下にメーカぽっく見せるのは合理的に機械化しなくてはいけない

そこはまた工夫が必要だ

2013年3月21日木曜日

FSS Phantom 3D 脚部合わせ -2

FSS Phantom foot-20130321
毎日15分の作業いつの間にか破れてしまった

3D作業よりやり続けるの方がずっと難しい

人間の惰性には勝たないなぁ~

と言うけど、ここで諦めだらあかんぞ~

一体誰か足の裏に気を払うだろう

そこまでデザインするのはやっばり永野氏しかいないだろう

ですので、僕も結構力技で各パーツ綺麗に繋いだ

僕にとって、これはFSS美学の一つだ

2013年3月20日水曜日

FSS Phantom 3D 脚部合わせ -1

FSS Phantom foot-20130320

足部全体合わせ作業

やっばり繋ぎの所は調整が欠かせない

適当に見過ごせるのも出来るけど、3Dと本物の模型と同じ

どれだけ細かく仕上げるのはどれだけの成果が出るんだ

2013年2月28日木曜日

FSS Phantom 3D 脚部(足元)-13

FSS Phantom foot-20130228
脚部(足元)完成~~

結構時間掛かったけど、一応完成しました(涙)

足はFSSの魂だ

複雑な機械構成されたまるで女性の美脚ような美しい曲線

いつ見ても魅了されるデザイン

2013年2月27日水曜日